オープンソースで実現する費用対効果抜群のクラウドERP

OSCG Main Website

Posts by Yoshi Tashiro

By on 2016年6月22日 in 新着情報 | 0 comments

こちらのウェブサイトを最後に更新して既に久しいのですが、その間ずっと、新しいウェブサイト https://www.odoo-asia.com にて情報更新しておりました。当面このウェブサイトも残していますが、Odooや弊社のサービスのことが気になる方は、ぜひ新しい方のウェブサイトにご訪問ください。 新しい方はOdooで構築しています。我々Odooでサービス提供していますので、”eat your own dog food”ということでもあるのですが、Odooのバージョン8.0でウェブサイト機能が追加されてから順調に改善が重ねられてきており、純粋に当社のニーズに対応するプロダクトとして見てもOdooを使うという判断になっていたかと思います。...

Read More

By on 2015年10月17日 in 新着情報 | 0 comments

10月1日にOdooバージョン9.0がリリースされました。なかなか出そうで出なかった8.0と比べ、すんなり(予定通り)リリースされましたね。オンライン版で先に機能追加しておき、次期安定版に組み込んでいくというプロセスに慣れてきたということなのでしょうか。地味ではありますがプロダクト・ライフサイクルがアナウンス通りに回せているという点は評価できると思います。...

Read More

By on 2015年5月18日 in 新着情報 | 0 comments

日本でOdooを試される方への朗報です。先日、日本勘定科目表テンプレートがOdoo本体に組み込まれました。 今Odooの最新版をダウンロードしますと、日本勘定科目表テンプレートが使用可能になっているはずです。 GitHubレポジトリはこちら。 Nightly Buildsはこちら。 Odooを試す際に日本用の勘定科目表がなくて使用のイメージが掴みにくなったという方もいらっしゃったかもしれません。日本勘定科目表テンプレートの本体への組込により、ユーザの方々のOdoo検証がやりやすくなれば幸いです。...

Read More

By on 2015年3月11日 in 機能紹介 | 0 comments

バージョン7.0までは、標準で実現可能な在庫評価方法として、標準原価法と移動平均法が準備されていました。このふたつは大体のERPシステムで対応しているごく一般的な評価方法かと思います。 8.0では在庫管理の機能が大幅に見直され、上記に加え実際原価(「Real Price」)のオプションが追加されています。実際原価の仕組みを簡単に述べますと、個々の在庫明細(「Quants」)に入荷時の単価を保持し、出荷時にその単価で売上原価を計上するといったものです。当然、在庫明細の評価額の合計が会計上の在庫勘定残高と一致することになります。 製品カテゴリにFIFO(先入先出)、LIFO(後入先出)、FEFO(有効期日順)等の引当提案設定ができますので、よくある在庫評価方法の要求に大体対応できる仕組みになっているかと思います。...

Read More

By on 2014年12月4日 in イベント | 0 comments

OSCGは今年も香港会議展覧中心で開催されているWorld SME EXPO(12/4~/6)に出展しています。 OdooはV8でウェブサイトビルダー等新しい機能が追加され、従来からの機能にも細々と改善が施されています。 実際にどのようなものか見て説明が聞きたいという方、是非お立ち寄りください! また、今年はOdoo香港と隣合わせでの参加です。「Odooとパートナーのサービスはどう違うの?」というよくある疑問もその場で解消できるかと思います。...

Read More