オープンソースで実現する費用対効果抜群のクラウドERP

OSCG Main Website

機能紹介

By on 2015年9月8日 in 機能紹介 | 0 comments

Odooは、在庫をお持ちの企業様に、在庫管理のシステムとしてお使いいただけますが、今回は、在庫を調達する際の考え方(基準)についてお話したいと思います。 在庫調達の基準として、一般に、二通りの基準が考えられるかと思います。 在庫としてストックするために調達する在庫基準と、受注があったときに調達する受注基準です。 Odooにおいて、在庫基準か受注基準かを設定するには、製品 -> 調達タブ から、Buy(購入)、Make To Order(受注基準)を選択します。 (製品画面 -> 調達タブ) (MRPモジュールをインストールしている場合は、ここにManufacture(生産)が加わります。) 在庫基準としたいときはBuyのみを、受注基準としたいときはBuyとMake To Orderの両方を選択してください。...

Read More

By on 2015年3月11日 in 機能紹介 | 0 comments

バージョン7.0までは、標準で実現可能な在庫評価方法として、標準原価法と移動平均法が準備されていました。このふたつは大体のERPシステムで対応しているごく一般的な評価方法かと思います。 8.0では在庫管理の機能が大幅に見直され、上記に加え実際原価(「Real Price」)のオプションが追加されています。実際原価の仕組みを簡単に述べますと、個々の在庫明細(「Quants」)に入荷時の単価を保持し、出荷時にその単価で売上原価を計上するといったものです。当然、在庫明細の評価額の合計が会計上の在庫勘定残高と一致することになります。 製品カテゴリにFIFO(先入先出)、LIFO(後入先出)、FEFO(有効期日順)等の引当提案設定ができますので、よくある在庫評価方法の要求に大体対応できる仕組みになっているかと思います。...

Read More

By on 2014年8月16日 in 新着情報, 機能紹介 | 0 comments

入金/支払予定一覧機能を作りました。現時点でのキャッシュ残高に未消込の売掛金/未収金および買掛金/未払金を足し引きした金額を表示することで将来時点でのキャッシュ残高見通しを表示するというもので、コンセプトとしては先に投稿した在庫見通しモジュールと似ています。 このモジュール、しばらく前に作成してコミュニティにリリースしていましたが、最近日本語を追加する等、改善を加えましたので、改めてアナウンスしております。ダウンロードはこちらより! 関連記事: ・「在庫見通し」モジュール(V7用)をリリースしました...

Read More

By on 2014年8月16日 in 新着情報, 機能紹介 | 0 comments

在庫見通しモジュールというものを作りました。特定のロケーションにおける将来の品目在庫推移予定が確認できるというものです。Odooでは受注や発注、製造オーダに紐付いて在庫移動予定レコードが生成されますので、それを利用したものです。 Odoo標準の在庫移動の一覧表示画面からうまくレコードをフィルタすれば将来の移動予定を洗い出すことはできるのですが、在庫状況は表示されないため、将来のある時点での見通し数量がわかりにくいという問題があります。複数のお客様からのご要望もあり、その状況が改善できればということで、モジュールを準備しました。こちらよりダウンロードいただけます。 インストールすると、「在庫見通し」というメニュー項目が追加されます。...

Read More

By on 2014年8月11日 in 新着情報, 機能紹介 | 0 comments

請求書明細の一覧表示機能をリリースしました。 ちょっと意外ではあるのですが、明細レベルでの一覧表示機能がOdoo標準では備わっていないので、コミュニティモジュールを作成した次第です。この機能で全請求書明細がひとつの画面で見られるようになります。項目名称の日本語訳もつけておきました。 こちらよりダウンロード可能ですので、ぜひお試しください! 「請求書明細をベースに請求書ドキュメントレベルの項目を参照追加する」という一見単純なカスタマイズではありますが、為替レートの取得や、ドキュメントレベルの項目でのレコードグルーピングを実現するところで若干の工夫が必要です。興味のある方はソースコードもご覧になってください。 関連記事: ・入金/支払予定一覧機能(V7用)を作りました...

Read More