オープンソースで実現する費用対効果抜群のクラウドERP

OSCG Main Website

Odoo基本サポートサービス

OSCGにサーバー保守からユーザサポートまでお任せいただくプランです。
システム専任担当者がいないお客様、海外拠点に新しくOdooを導入されるお客様に最適です。
機能追加等、保守の範囲を超えたサポートが必要な場合は、Odooオンデマンドサポートをご利用ください。

  Odoo基本サポートサービス詳細

価格:13,500円 / ユーザ / 月

クラウド環境

サーバー保守の手間からお客様を解放し、安定してご利用いただけるシステム環境を提供します。

 データセンターでのOdoo環境インストール、保守 [1]

 各種セキュリティ対策(ファイアーウォール、SSL、各種パッチ等)

 システム/データベースバックアップ取得 [2]

[1] データセンター所在地:日本、香港、中国、シンガポールのいずれかです
[2] バックアップは、毎日夜間に1度取得し、遠隔地に過去3ヶ月分を保持します

運用サポート

Odoo導入後に効率よく業務を遂行いただくためのサポートを提供します。導入済みの機能につき、製造元とも連携の上システム品質を包括的に担保します。

 Odoo標準機能もしくはOSCGで導入担当した機能についてのご質問対応 [1]

 Odoo標準機能もしくはOSCGで導入担当した機能の不具合に由来する不正データの修正

 Odoo標準機能もしくはOSCGで導入担当した機能の不具合修正 [2]

 お客様向けに作成した追加機能を非公開とする権利(AGPL+プライベート使用例外) [3]

 Odoo新バージョン(例:v8→v9)への移行の際のデータベース変換サポート [4]

[1] お客様とOSCG間で、ドキュメントに基づき業務フローを共有し、OSCGがその内容に同意していることが前提となります(その範囲外の業務については当サービスの対象外)
[2] Odoo標準機能についてのバグ修正はOpenERP S.A.社と連携の上対応します
[3] OdooはAGPL v3ライセンスのもとで公開されており、新しく機能をカスタマイズした場合、原則ソースコードを公開する義務がありますが、当サービスをご利用のお客様については、ソースコードの公開を望まれない場合、例外的に公開義務が免除されます
[4] 新バージョンへの移行可否評価、およびOdoo認定モジュール以外のモジュール(コミュニティモジュール、お客様用にOSCGで開発したモジュール)の新バージョンへの対応は別途見積での対応となります

 サポート方法:電話、Eメール、画面共有ツール等を使用し、リモートで実施(オンサイトサポートが必要な場合は、別途費用が発生します)

 サポート対応時間:香港の9:30~18:30(土・日および当地の祝日を除く)

 サポート言語(対応可能なもの):日本語、英語、または中国語

 OSCGのコンサルタントとの連携窓口となるご担当者を1名アサインいただきます(コミュニケーションの分散を防ぐため)

 未導入の業務領域への機能導入(例:販売モジュールを新規導入)は含まれません

 新規機能開発は含まれません