オープンソースで実現する費用対効果抜群のクラウドERP

OSCG Main Website

Odoo(旧称OpenERP)とは

Odoo

Odoo(旧称OpenERP)はベルギーのOpenERP S.A.社により開発とりまとめが行われている、世界で大人気のオープンソースの業務アプリケーションスイートです。機能を豊富に備え、操作性、拡張性、保守性の各面で優れており、圧倒的なコストパフォーマンスを誇ります。カバー領域は、従来のERPパッケージ守備範囲をもはや越え、CMS、Eコマース、イベント管理等、多岐に亘ります。

2013年5月現在、世界70ヶ国以上にて、500社以上のパートナー企業がOdooの導入に携わっています。

Odooは、オープンソースの精神を体現する最も先進的なライセンスとされる、AGPLのもとでリリースされています。

  オープンソース × 優れた開発フレームワーク = メリット多数

Odooには多くの優位性がありますが、それらは全てオープンソースの特性と優れた開発フレームワークの相乗効果により生まれています。

  • オープンソースであることにより、インターネット環境と開発の素養さえあれば誰でもOdooの開発に参加できます。また、開発されたプログラムの再利用、製品への組込が可能です。
  • 優れた開発フレームワークは、新しい仕組みの創造に意欲的な開発者を惹き付けます。Odooは技術的な開発フレームワークが優れているのみでなく、「黒子」としてのOpenERP S.A.社のバックアップに支えられる製品開発やコミュニティ運営の仕組みが機能的にできています。

こんな特徴があります

  広範囲な業務領域をカバー

Odooは包括的な業務アプリケーション統合パッケージです。対応業務領域には、販売、購買、生産、在庫、会計、プロジェクト、HR、CRMなどが含まれ、ワークフロー機能も備えています。 Odoo標準モジュールの他、過去に世界中で開発された追加機能の多くがコミュニティモジュールとして利用可能です。究極的なモジュール化により、必要な業務分野から段階的にシステム導入するアプローチが可能になっています。

  操作性に自信あり

OdooはChromeやFirefoxなど普段お使いのウェブブラウザ上で操作します。 全体的に一貫してユーザの作業導線を短くするインターフェイス設計となっており、他のERPシステムに比べ直感的に操作いただけます。 また、項目の表示/非表示、ワークフロー、検索ビュー、一覧表示画面等、プログラミングを行わずとも調整が可能です。

  グローバル展開に最適

Odooは多通貨、多言語に対応しています。 特に多言語という点については、日付フォーマットや金額の千単位区切り等、言語毎に定義を持ち、また画面項目名称のみでなく、翻訳テーブルでデータそのものに対しても翻訳が付記できる仕組みがあります。 さらに世界各地に多くの導入パートナー、開発者がいるため、将来の海外展開へのニーズにも適切なオプションが見つけられます。

  圧倒的なコストパフォーマンス

オープンソースのソフトウェアであるためライセンス費用がかかりません。 また、操作性の高いインターフェイス、開発効率の高いフレームワークにより短期間での設定・開発作業が可能になっており、旧来のERPシステムに比べ導入コストを大幅に下げられます。

  Odooは新世代の統合業務システムです

Odooは旧来のERPシステムの常識を覆す、新しい世代の統合業務管理アプリケーションスイートです。

旧来のERPシステム OpenERP
導入コスト
  • 各種ライセンス費用が高価。ウォーターフォール型の導入スタイルにより、工数見積が過大になりがち
  • サーバーOS、データベース含め、全てオープンソースソフトウェアで構成するためライセンス費用不要。アジャイル型の効率よい導入スタイルで短期導入を実現
運用コスト
  • 各種ライセンス保守費用が高価。ベンダロックインによりサポート費用も高価になりがち
  • OpenERP Enterprise(OpenERP S.A.社の製品保証サービス)が低価格で受けられる。ベンダロックインがないため高額なサポート費用が牽制できる
操作性
  • 全体最適の実現のために現場の作業効率が犠牲になるケース多
  • 操作性のよいユーザインターフェイスにより、全体最適と現場の作業効率を両立
保守性
  • 製造元より製品品質保証
  • OpenERP S.A.社が製品品質保証。コミュニティによるバグ修正・機能改善提案も活発
拡張性
  • ベンダロックイン状態に陥りやすく機能追加、バージョンアップグレードが高価に。他システムとの連携ソリューションも高価になりがち
  • モジュールの追加が容易にできる他、低コストで新バージョンへのアップグレードも可。他のオープンソースシステムとの連携親和性も高

  抜群の将来性

Odooコミュニティの活発度は、いくつかあるオープンソースのERPパッケージの中でも群を抜いています。OpenERP S.A.社が、製品保証とコミュニティ活動のプラットフォーム運営の役割を担うことで、製品改善と追加拡張のサイクルがうまく回せており、製品も急速な進化を遂げています。

下の図はGoogleトレンドにて、「openerp」、「sap erp」のキーワードで、全世界の2007年~2013年5月の検索傾向を出力したものです。OpenERPが急速に伸びていることが読み取れます。

GoogleTrends

※「ユーザ:demo、パスワード:demo」でログインしてください。