オープンソースで実現する費用対効果抜群のクラウドERP

OSCG Main Website

Odoo本導入サービス

スピーディに無駄なくOdoo導入プロジェクトを遂行します。要求分析、業務・システム設計、設定作業、データ移行、本稼働サポートまで、妥協のないサービスを提供します。Odooの仕組みを上手く活用したアジャイルな導入手法により、従来のERPシステム導入に比べ、短期間・低コストでの導入完遂が可能です。

  サービス背景

典型的なERP導入では、導入パートナーは営業担当者による販売活動に相当なコストをかけています。このコストはお客様には見えませんが、導入費用、運用・保守費用、ライセンス費用に組み込まれるかたちで確実にお客様にチャージされています。

柔軟性に欠けるERPシステムでは、お客様要求への対応内容を具体的に示すモックアップ等準備するのにも相当な労力がかかります。そのため導入プロジェクト終盤まで要求への対応実現度合いを測ることができないケースが多々あります。

  Odoo本導入サービスコンセプト

ERP導入のトータルコストを最小化します。

OSCGでは販売活動にかけるコストを極力減らし、お客様に対して実質的な価値を生むコンサルティング活動に注力するよう心がけています。営業トークでお客様のイメージを徒にふくらませるよりも、ソフトウェア評価の段階からOdooのデモ環境を実際に操作いただくことで、お客様に操作性含めより確実にOdooをご理解いただきます。

また、「要件定義」から「設計・設定」のフェーズにおいては、アジャイルな手法によりOdoo上でソリューション可視化に努め、お客様との認識齟齬による手戻り発生を防ぎます。

  Odoo本導入サービス詳細

ギャップ分析費用(目安):295,000円

※ 2日間のオンサイトセッション実施の場合

後続フェーズ費用:個別見積

1.ソフトウェア評価

Odooのデモを実施。デモ環境をお客様に開放し、実際に操作をお試しいただきます。

2.ギャップ分析

要求内容をヒアリングし、分析シートにまとめます。結果を受け、後続フェーズの正式見積および追加開発の概算費用を提出します。

3.要件定義

お客様と認識合わせのもと、業務要件・システム要件(ギャップ項目への対応方針)を確定します。追加機能開発の正式見積を提出致します。

4.設計・設定

要件定義結果に基づき業務設計、システム設計を早い段階で完了させます。平行してデータベース設定、デモデータ登録、追加モジュール開発を行い、適宜お客様の確認をとりながら設計・設定精度を高めていきます。

5.本稼働準備

お客様のマスタデータをOdooに取り込み、エンドユーザ向けのトレーニングを実施します。終盤で残高データを準備し、本稼働までに可能な範囲でデータ取込を行います。

6.本稼働サポート

本稼動時にお客様のオペレーションを集中サポートします(必要に応じて現場にて)。オペレーションの安定化まで、お客様と定期的に課題確認会を実施します。

旅費は別途請求致します。